公務員試験を大学と比較

初級公務員試験VSマーチ

 

 

近年受験戦争が厳しくなっている、初級公務員試験ですが、高校生の就職先では最高ランクの難関度でしょう。

 

ではどのくらい難しいのか?

 

初級公務員試験の種類は多岐にわたり、

 

この試験で高卒ストーレートで合格する人は極わずか(行政職・事務職)と言われています!

 

なぜそのようになっていまうかというと、専門学校で勉強を頑張ったトップクラス学力を持った人を相手に戦わなくてはいけないからです。

 

さらに言うと初級公務員試験の中でも、国家公務員(一般職)特別難しいと言われていて、

 

よほど優秀ではない限り、高校生現役合格は難しいでしょう。

 

私の友人で1人だけ難関試験を突破して入省した人がいましたが、

 

彼は模擬試験で国立大学の合格判定がAランクのレベルでした。

 

国家公務員一般職試験の全体倍率は例年10倍を超えています。

 

さて、初級公務員VSマーチの私自身の見解ですが・・・

 

もちろん試験内容が異なるので実際のところはわかりませんが、

 

初級公務員の一次試験突破のレベルではマーチのほうが難しいが、

 

最終合格の難関度としては初級公務員のほうが難しいという見解です。

 

 

以上「初級公務員VSマーチ」でした!

 

 

スポンサードリンク