面接試験の対策

面接試験基本テクニック

 

 

声の大きさ

 

 

事務系の職種な場合、中くらいの声で落ち着いて話す。

 

但し、小さい声は絶対にダメ。大きい声は好印象を持ってくれる場合もあるが、

 

一生懸命話したつもりが、うるさいと判断されてしまうことも・・・

 

公安系の職種の場合は、部活経験者が有利。大きな声ではきはきと。

 

但し、怒鳴るような声はダメ。あまり声が出せないという方は、試験前までに発生練習等して鍛える必要がある。

 

アピールポイント「体育会系」

 

 

相手の目しっかり見て話す

 

 

これは当たり前のようだが、すごく重要で意外とできない人のほうが多い。

 

なぜなら普段から人の目をしっかり見て話す人が少ないから、いざという時も結局できないで終わってしまうのだ。

 

ポイントはイレギュラーの質問されて困った時でも目をそらさないこと。

 

もし、目を見て話すのが苦手な人は、いつも話なれている人ではなく。

 

あまり話したことが無い人とかに手伝ってもらって対策しよう!

 

ベストは一回も話したことない、初対面の人。

 

最近では専門学校の先生が無料で練習に付き合ってくれる学校が増えているのでこれを使わない手はない。

 

 

絶対にウソはつかない

 

 

たまに意地悪な面接官で「高校生活で頑張ったことを3つ教えてください!」という質問あります。

 

一つなら準備してあると思うが、3つ聞かれるとさすがに戸惑ってしまうと思う。

 

そこで注意点は「その場だけの作り話でごまかさない」ということ。

 

公務員試験の面接官は百戦錬磨の面接のプロだ。

 

高校生のついたウソなんて簡単に見破られしまうだろう。

 

「こいつ、ウソついたな・・・」なんて感づかれたら一貫の終わり。

 

あなたの信頼はその瞬間地に落ちるでしょう。

 

公務員という職業は信頼が第一です。

 

ウソをつくような人と面接官も働きたくないはずです。

 

バカ正直でいい・・・人に言えるような頑張ったことじゃなくてもいい。本当のことを一生懸命考えて答えよう。

 

 

以上「面接テクニック」でした!

 

公務員面接試験一発合格へ進む

 

公務員予備校一覧へ戻る

 

スポンサードリンク

 

地方初級公務員面接対策へ進む

 

公務員採用面接の仕組みへ戻る

初級公務員面接試験記事一覧

 

地方初級公務員面接対策血のにじむような努力した人、またはもともと成績が良くて一次試験を突破した人。教養試験のという壁の乗り越えかたは人によって様々だったと思う。しかし、言っておこう。二次試験は甘くはない。大多数の受験者は筆記試験では多くの時間を費やすのに、なぜか面接の時間を多く作ろうと考えない。なぜだろうか?心のどこかで面接は練習してもしなくてもそれほど変わらないと思っているのだ。そして、学校の先...