国家公務員の資格

 

国家公務員になるには高卒程度の国家公務員試験に合格する必要があります。

 

国家公務員の代表的試験とも言われる、国家公務員(一般職)の試験では

 

「北海道地区」、「東北地区」、「関東地区」、「東海地区」、「近畿地区」、「中国地区」、「四国地区」、「九州地区」、「沖縄地区」

 

の9つのブロックに分かれて試験が実施されます。そのため各地区によって採用人数や難易度が異なることが言えるでしょう。

 

国家公務員(一般職)試験が他の試験と異なるもう一つの点としては、最終合格しても採用されるとは限らないことです。

 

最終合格者は採用候補者名簿(1年有効)に得点順に記載され、基本的に得点の高い順に採用されることになります。

 

最終合格=採用には結び付かないのが現実です。

 

採用されるためには各省庁の説明会に参加したり、希望の省庁に官庁訪問してアピールすることが必要になるでしょう。

 

官庁訪問の受付開始や訪問期間については各省庁異なりますのでホームページ等でご確認ください。

 

スポンサードリンク

国家公務員の階級

本省の場合

 

係員→係長→課長補佐→室長→課長→審議官→局長→事務次官

 

 

税務職員へ進む

 

学校事務へ戻る

国家公務員になるには記事一覧

 

高卒で税務職員になるには国家公務員試験の税務職員に合格する必要があります。平成23年度試験までは国家V種税務区分という名称だったが、平成24年度から国家公務員専門職試験の名称に変更しました。税務職員は専門職の国家公務員という身分になります。税務職員の仕事内容は税務署などで主に国税についての業務になります。仕事を大まかに分けると「個人課税部」「資産課税部」「法人課税部」「管理運営部」「徴収部」「酒税...

 
 

皇宮護衛官の仕事内容は日本の天皇をはじめとする皇族の護衛・警備をすることです。またテレビで良く映る皇族の乗っている車の横を走っている白バイに乗っている人も皇宮護衛官の職員になります。採用後の主な配属先になる皇宮警察本部の部署は大きく分けて2つになります。警備部警備部ではどのような体制で警備をするか企画をしたり、事件の可能性があれば捜査をします。また、御用邸内の警備や災害防止などの仕事を行います。護...

 
 

刑務官の仕事内容は刑務所や少年刑務所、留置所に勤務し、犯罪者として絶望の淵に立たされている受刑囚を更生させ、未来に希望を与えることです。具体的な内容としては、刑務所生活での指導、出所した時社会復帰するためのお手伝い、その他、アドバイスをしたり相談を受けたりすることもあります。受刑囚の中に脱走をここ見たり、暴れたり、乱闘騒ぎになることもあることから、刑務官は肉体的に精神的強さが求められます。また刑務...

 
 

入国警備官仕事内容は・・・主に世界各国から来る外国人の入国に関する業務となります。そのため国際的常識や高い語学力が必要になるため、日々勉強を重ねる必要があるでしょう。大きく分けると「違反調査」、「摘発」、「収容」、「送還」となります。「違反調査」では不法入国者や不法残留者の犯罪調査を行います。「摘発」では調査の結果、違反が発覚した場合など、捜査や身柄拘束を行います。「収容」では摘発された外国人違法...

 
 

航空保安大学校の学生試験では「航空情報科」、「航空電子科」の2つに分けれます。いずれの場合も、試験合格後は2年間研修生として学生生活を送ることになります。卒業後は情報科の生徒は運航情報官、航空管制通信官として活躍します。仕事内容は航空機が安全に飛行することできるように情報システムを使ってサポートすることです。例えば、台風などの気象情報をパイロットに提供したり、航空機に異常がないか監視します。また、...

 
 

海上保安大学校は将来の海上保安庁の幹部候補として採用されます。海上保安大学校学生試験に合格すると、4年間学生として勉強に励みます。授業は法律関係全般や海上保安官の行政についてを中心に行われます。卒業後は専攻科を6ケ月受け、海の上のお巡りさんとしていろいろな勤務地に異動になります。最近ではドラマや映画にもなった「海猿」が海上保安庁を舞台としていますが、このドラマは実際に合った出来事も話の中に含まれて...

 
 

海上保安学校の学生試験では「航舶運航システム課程」「航空課程」「情報システム課程」「海洋科学課程」の4つに分かれ試験の難易度もその年度によって異なります。海上保安学校試験に合格すると「情報システム課程」では2年間、その他の課程では1年間学生として学校に通い、海上保安官として必要な体力や知識などを鍛えます。課程ごとに卒業後の仕事内容も異なり、学んだ課程を生かせる場所に配属されます。基本的に海上保安学...

 
 

気象大学校学生は将来の気象庁の幹部候補生となります。試験は高卒程度で、防衛大学に次ぐ難関となります。試験内容も気象庁ということで、理数系の科目が多くなります。合格者のレベルは国立大学に合格できる実力者がぞろぞろいます。試験合格後は4年間大学に通い、将来の幹部としての教育を受けます。大学生活でのお金はほとんどかからず、給料までもらえる高待遇が魅力で、優秀な高校生に人気のある試験になります。卒業後は地...

 
 

防衛大学学生は将来の陸、海、空の防衛省の幹部候補生となります。入学試験が4つに分かれますが、ここでは「総合選抜採用試験」について解説します。高卒程度の公務員試験ではおそらく最高クラス難易度でしょう。旧帝国大学に合格できるレベルの学力はほしいところです。防衛大学学生試験は他の公務員試験と比べると特殊で、適応能力試験が行われます。この試験は大学に宿泊して集団生活の適応能力見るものです。また問題能力試験...

 
 

高卒で裁判所職員になるためには裁判所職員(一般職高卒)採用試験に合格する必要があります。裁判所職員の難易度は高く倍率は裁判所の管轄区域(全8区域)によって異なるが、どの区域においてもきっちり対策しなければ合格は難しいでしょう。職種は「裁判所事務官」、「裁判所書記官」、「家庭裁判所調査官」の3つに分かれるが、高卒程度で目指すのはこのうち「裁判所事務官」となります。仕事内容は総務関係、会計関係、裁判進...

 
 

衆議院事務局仕事内容は・・・衆議院の会議をスムーズに進行する運営、議員からの依頼で調査、会議の記録や管理をします。その他人事、会計、支出、施設管理、給与、文書など多岐にわたります。また最近では議事の速記業務が加わったことにより仕事の幅が広がりました。また主な勤務先が国家議事堂であり、国会議員の方と関わる仕事が多いほか、様々な人脈の輪が広がる可能性があります。高卒で受験するのは衆議院事務局一般職高卒...

 
 

参議院事務局仕事内容は・・・会議の調整や運営、参議院の議員の給与や共済、福利厚生、議会の速記業務などになります。政治家などの大物と直接関われるちょっと得した気分になれる職業でもあるのです。このように政治の現場で働くためには、政治、経済の知識はもちろん、一般常識やマナーを身に着ける必要があるでしょう。また場合によっては他国との交流のために語学力が必要になることもあります。高卒で受験する試験は参議院事...

 
 

衆議院衛視仕事内容は・・・国会に不法侵入しないように警備することなど、国会議事堂の秩序を保つことが彼らの仕事になります。衆議院内での政治家などの要人の警護なども行いないます。衆議院衛視をよく国家の警察官と呼ぶ人も多いようですが、これは少し間違いで、衆議院衛視の職員には犯罪を調査、捜査したり逮捕する権限はありません。例えばもし、国会内で犯罪が起きた場合ですが、もちろん衛視の職員は国会の秩序を守るため...

 
 

参議院衛視仕事内容は・・・国会に怪しい人が不法侵入しないように警備することなど、国会議事堂の守ることが衛視の使命になります。参議院内での国会議員などの要人の警護なども行いないます。時には来客の受付を担当することもあります。参議院院衛視は国会の警察官と呼ばれることが多いですが、これは少し間違いで少しだけ合っています。参議院院衛視の職員には犯罪を調査、捜査したり逮捕する権限はありません。例えばもし、国...

 
 

国立国会図書館職員仕事内容・・・主の業務は司書業務になります。膨大の種類と量の国会図書館内の本の整理、保管をします。また国民に情報公開しなくてはいけないのでデータベースの作成などになります。政治家から依頼があれば調査を行うなどお手伝いをすることも多いようです。国会図書館は貴重な資料が多く、中には日本に数冊しかない国宝級の書物もあるようです。毎日本に囲まれて仕事をするため、本が大好きな人にはたまらな...