海上保安学校に入学するには

公務員分析チャート
海上保安学校の学生試験では「航舶運航システム課程」「航空課程」「情報システム課程」「海洋科学課程」の4つに分かれ試験の難易度もその年度によって異なります。

 

海上保安学校試験に合格すると「情報システム課程」では2年間、

 

その他の課程では1年間学生として学校に通い、海上保安官として必要な体力や知識などを鍛えます。

 

課程ごとに卒業後の仕事内容も異なり、学んだ課程を生かせる場所に配属されます。

 

基本的に海上保安学校卒業生は現場で第一線で活躍することが多く、

 

海難救助をする機会も場合によってはあるでしょう。

 

人の命に関する危険性の高い仕事であり、半端の気持ちで業務を行うと取り返しのつかないことにも・・・

 

そのため大きな重圧に耐えきれず辞める人も多いです。離職率も他の公務員に比べて若干高いようです。

 

昇任のスピードは・・・

 

国家公務員総合職>海上保安大学校卒>海上保安学校卒となりますが、本人の努力次第では幹部への道も十分に開けます。

 

海上保安学校卒業後の身分は国家公務員となります。

 

スポンサードリンク

入学までの流れ

海上保安大学校入学までの流れ・・・

 

 

願書提出

 

一次試験合格

 

二次試験合格

 

三次試験合格(航空課程のみ)

 

採用候補者名簿記載

 

海上保安大学校入学

受験資格

海上保安学校受験資格・採用条件・・・

 

海上保安学校の採用条件は男性・女性・課程で多少異なります。

 

男性

 

年齢:試験日の4月1日時点で高等学校、中等教育学校を卒業した日から5年を経過してないこと。また、3月までに卒業が見込まれていること。

 

身長:157cm以上(海洋科学課程・航空課程を除く)

 

体重:48kg以上(海洋科学課程・航空課程を除く)

 

視力:両眼とも0.6以上(航空課程を除く)

 

身体:四肢の運動機能が正常であること

 

色覚:業務に支障がないこと

 

聴力:業務に支障がないこと

 

 

女性

 

年齢:試験日の4月1日時点で高等学校、中等教育学校を卒業した日から5年を経過してないこと。また、3月までに卒業が見込まれていること。

 

身長:150cm以上(海洋科学課程・航空課程を除く)

 

体重:41kg以上(海洋科学課程・航空課程を除く)

 

視力:両眼とも0.6以上(航空課程を除く)

 

身体:四肢の運動機能が正常であること

 

色覚:業務に支障がないこと

 

聴力:業務に支障がないこと

 

 

航空課程の身体測定の基準については、厳しい制限があります。詳しくは採用パンフレット等をご覧ください。

 

倍率

海上保安学校試験倍率

 

航舶運航システム課程(平成23年度)

 

・申込者数:2,609人

 

・合格者数:195人

 

・倍率:13.4倍

 

 

航空課程(平成23年度)

 

・申込者数:86人

 

・合格者数:10人

 

・倍率:8.6倍

 

 

情報システム課程(平成23年度)

 

・申込者数:272人

 

・合格者数:85人

 

・倍率:3.2倍

 

 

海洋科学課程(平成23年度)

 

・申込者数:97人

 

・合格者数:21人

 

・倍率:4.6倍

試験内容

海上保安学校試験内容です。

 

一次試験

 

・基礎能力試験(択一式)

 

・学科試験(択一式)

 

・作文

 

二次試験

 

・身体検査

 

・身体測定

 

・体力検査

 

・面接試験

 

 

航空課程については3次試験まであるなど、課程によって試験内容が異なります。

試験日程

海上保安学校試験日程・・・

 

 

申し込み:7月下旬〜8月上旬(インターネット)

 

*願書提出の期間が短いの注意が必要です。

 

一次試験:9月下旬

 

一次試験合格発表:10月上旬

 

二次試験:10月下旬

 

二次試験合格:11月下旬

 

海上保安学校入学:4月1日以降

 

 

航空課程については3次試験が12月上旬に行われ最終合格の発表が海上保安大学校試験と同じく1月下旬になります。

 

 

気象大学校へ進む

 

海上保安大学校へ戻る