衆議院事務局職員になるには

公務員分析チャート
衆議院事務局仕事内容は・・・

 

衆議院の会議をスムーズに進行する運営、

 

議員からの依頼で調査、会議の記録や管理をします。

 

その他人事、会計、支出、施設管理、給与、文書など多岐にわたります。

 

また最近では議事の速記業務が加わったことにより仕事の幅が広がりました。

 

また主な勤務先が国家議事堂であり、国会議員の方と関わる仕事が多いほか、

 

様々な人脈の輪が広がる可能性があります。

 

高卒で受験するのは衆議院事務局一般職高卒となります。

 

試験場所は例年東京大学で行われ、

 

試験の難易度については毎年倍率が100倍〜200倍程度の超難関試験になります。

 

これだけの倍率になると努力だけではなく運も必要になってくるでしょう。

 

少しでも合格の確率を上げるためには、まずは一次試験突破のために猛勉強し、

 

一次試験合格後は自分が一番面接練習したと言えるくらいの努力が必要になりそうです。

 

衆議院事務局の職員の身分は国家公務員特別職となります。

 

スポンサードリンク

採用までの流れ

衆議院事務局採用までの流れ・・・

 

 

願書提出

 

一次試験合格

 

二次試験合格

 

採用候補者名簿記載

 

採用

受験資格

衆議院事務局受験資格・・・

 

試験年度において年齢17歳以上21歳未満の者

 

 

倍率

衆議院事務局試験倍率<平成24年度>

 

・申込者数:1369人

 

・一次試験受験者:1211人

 

・一次試験合格者数:52人

 

・二次試験受験者:51人

 

・二次試験合格者:8人

 

・倍率:151.4倍

試験内容

衆議院事務局試験内容です。

 

一次試験

 

・基礎能力試験(択一式)

 

・作文試験

 

二次試験

 

・面接試験

試験日程

衆議院事務局試験日程・・・

 

 

申し込み:7月中旬〜8月上旬

 

*願書提出の期間が短いの注意が必要です。

 

一次試験:9月上旬

 

一次試験合格発表:9月上旬〜9月中旬

 

二次試験:9月下旬

 

二次試験合格:10月中旬

 

採用:4月1日以降

 

 

参議院事務局職員へ進む

 

裁判所職員へ戻る