参議院事務局職員になるには

公務員分析チャート
参議院事務局仕事内容は・・・

 

会議の調整や運営、参議院の議員の給与や共済、福利厚生、議会の速記業務などになります。

 

政治家などの大物と直接関われるちょっと得した気分になれる職業でもあるのです。

 

このように政治の現場で働くためには、政治、経済の知識はもちろん、一般常識やマナーを身に着ける必要があるでしょう。

 

また場合によっては他国との交流のために語学力が必要になることもあります。

 

高卒で受験する試験は参議院事務局一般職高卒程度となります。

 

試験の難易度は採用枠の数が毎年若干名ということから、

 

倍率は毎年100倍程度と超難関試験になります。

 

なりたいからなれる職業という訳ではなさそうです。試験に合格するには努力と運の2つが必須になるでしょう。

 

採用後の勤務先については基本的に国会で勤務します。地方での勤務は特別ことが無い限りないので、

 

国家公務員としては珍しく単身赴任になる遠方の転勤などはありません。

 

参議院事務局職員の身分は国家公務員の特別職になります。

 

スポンサードリンク

採用までの流れ

参議院事務局採用までの流れ・・・

 

 

願書提出

 

一次試験合格

 

二次試験合格

 

採用候補者名簿記載

 

採用

受験資格

参議院事務局受験資格・・・

 

試験年度において年齢17歳以上21歳未満の者

 

倍率

参議院事務局試験倍率<平成24年度>

 

・受験者数:614人

 

・最終合格者数:7人

 

・倍率:87.7倍

試験内容

参議院事務局試験内容です。

 

一次試験

 

・基礎能力試験(択一式)

 

・一般常識試験(記述式)

 

・適性検査

 

・作文試験

 

二次試験

 

・面接試験

試験日程

参議院事務局試験日程・・・

 

 

申し込み:8月上旬〜8月下旬

 

一次試験:9月中旬

 

一次試験合格発表:9月下旬

 

二次試験:10月上旬

 

最終合格発表:10月下旬

 

採用:4月1日以降

 

 

衆議院衛視へ進む

 

衆議院事務局職員へ戻る