国家公務員一般職になるには

公務員分析チャート
国家公務員一般職仕事内容・・・

 

各省庁によって異なりますが共通する仕事としては、

 

文書、収入、支出、調査、企画、調査、給与、共済、福利厚生・・・

 

などとなります。一般職の仕事は基本的には縁の下力持ち的な仕事が多いようです。

 

やはり国家公務員としての花形ポジションには総合職のエリートが担当することが多く、

 

メディアやマスコミに取り上げられるのも95%くらいが総合職の職員になります。

 

目立ちたがり屋にはちょっと向かない仕事かもしれません。

 

しかしコツコツ細かい仕事ができる真面目な人に向いている職業だと思います。

 

それでも、表舞台に立つ機会が無いわけではありません。最近では学歴差別をなくそうという動きが出始め、

 

国家U種やV種で入った人も徐々に重大政策に携わる人も増えているようです。

 

本人の努力次第ではスケールの大きい仕事を任されることもあるということです。

 

最近では消費税改革、TPP問題などでしょうか?

 

自分が国を動かしているという実感を持つことができるかもしれませんね。

 

高卒で受験をするのは国家公務員一般職高卒程度となります。

 

最も受験数の多い王道の国家公務員試験と言えるでしょう。

 

採用区分は事務、技術職、農業、農業土木、林業に分かれます。

 

国家公務員一般職試験では最終合格した後に希望した省庁を優先に、

 

面接が行われます。そこで各省庁は採用者を決定するのです。

 

このため最終合格すれば採用されると言う訳ではないのです。

 

場合によっては最終合格をしても採用されなかったというケースもあるのです。

 

一般職高卒程度の試験難易度はなかなか難しく、高校生で現役合格できる人は少ないようです。

 

公務員の専門学校生に負けないように努力が必要になるでしょう。

 

スポンサードリンク

採用までの流れ

国家公務員一般職採用(入学)までの流れ・・・

 

 

願書提出

 

一次試験合格

 

二次試験合格

 

採用候補者名簿記載

 

各省庁採用面接

 

内定

 

税務大学校入学

受験資格

国家公務員一般職受験資格・・・

 

試験年度において高等学校、中等教育学校を卒業してから2年を経過していないこと

 

試験年度の3月において高等学校、中等教育学校を卒業見込みの者

倍率

国家公務員一般職試験倍率

 

事務・関東甲信越(平成24年度)

 

・申込者数:3,727人

 

・1次試験合格者数:553人

 

・最終合格者:390人

 

・倍率:9.6倍

 

 

事務・九州(平成24年度)

 

・申込者数:1,255人

 

・1次試験合格者数:102人

 

・最終合格74人

 

・倍率:17倍

 

 

技術・関東甲信越(平成24年度)

 

・申込者数:101人

 

・1次試験合格者数:44人

 

・最終合格者:36人

 

・倍率:2.8倍

 

 

技術・九州(平成24年度)

 

・申込者数:128人

 

・1次試験合格者数:43人

 

・最終合格30人

 

・倍率:4.3倍

試験内容

国家公務員一般職試験内容です。

 

一次試験

 

・基礎能力試験(択一式)

 

・専門試験(技術職のみ択一式)

 

・作文試験(事務職のみ)

 

・適性試験(択一式)

 

二次試験

 

・面接試験

試験日程

国家公務員一般職試験日程・・・

 

 

申し込み:6月下旬〜7月上旬(インターネット)

 

*願書提出の期間が短いの注意が必要です。

 

一次試験:9月上旬

 

一次試験合格発表:10月上旬

 

二次試験:10月中旬〜10月下旬

 

二次試験合格:11月下旬

 

官庁訪問:省庁によって時期が異なる

 

採用:4月1日以降

 

 

霞ヶ関とは?へ進む

 

国立国会図書館職員へ戻る

国家公務員一般職記事一覧

 

霞ヶ関(かすみがせき)というワードが良くニュースや新聞で出てきますが、皆さんご存知でしょうか?僕は公務員を目指した当初、読み方すらわかりませんでした。なのでIMEパットを使いグーグルで検索して、初めて「かすみがせき」と読むことを知りました。国家公務員を目指す学生には必ず知ってもらいたいと思い、「霞ヶ関」をタイトルにして記事を書きました。では早速本題に入りましょう!霞ヶ関は東京都千代田区にあります。...

 
 

内閣府の仕事内閣府は2001年の中央政府編成改革で誕生した行政機関です。内閣府のトップは総理大臣になります。内閣府の中央省庁の調整や連絡などのまとめ役の仕事になります。内閣府の仕事内容は北方領土対策、男女雇用参画社会、賞勲業務、宇宙に関すること、各統計など幅広い業務内容が特徴です。例えば賞勲業務では各省庁から推薦された人物を審査したり制度に改革しています。内閣府の仕事内容のイメージとしては簡単に言...

 
 

警察庁の仕事警察庁は国家公安委員会の下設置された組織です。よく警察庁と警視庁の違いが分からない人多いので説明しておきましょう。警察庁とは内閣府の外局で中央省庁の1つになります。警視庁は特別な組織のような気がしますが、実は他の道府県警察となんら変わりはありません。本来は東京都警察で良いはずなのですが、なぜか警視庁という名前の組織になっています。警察庁の仕事内容はは全国47都道府県警察のを管理、指導や...

 
 

金融庁の仕事金融庁とは内閣府の下設置されいている中央省庁の一つです。金融庁は平成10年に大蔵省から独立したことから誕生した組織です。現代行っている金融庁の業務は大蔵省の仕事だったということです。金融庁の仕事内容は金融制度の改革や立法をはじめ、全国の銀行の監督業務になります。組織を大きく分けると「総務企画局」、「検査局」、「監督局」に分かれます。「総合企画局」では金融制度に携わる業務が中心となります...

 
 

防衛省の仕事防衛省の仕事内容を一言で言うと「日本の安全を守ること」です。平和な国を維持するには海外から侵略や攻撃から守る必要があります。防衛省はそのために、陸、海、空の自衛隊組織を総合的に運営する役割を果たします。防衛省の組織を大きく分けると「防衛政策局」、「運用企画局」、「人事教育局」、「経理装備局」になります。「防衛政策局」では日本を守るための作戦や立法を作成します。また国際交流に関することや...

 
 

総務省の仕事総務省は中央省庁の中でも巨大な組織です。主な担当業務は地方公務員を管理することになります。そのため総務省は地方自治体と関わる機会も多く、都道府県職員との人事交流も全中央省庁の中で最多です。総務省のキャリア官僚が地方の自治体に出向になると、40代前半で自治体の最高ポストである部長職を任されます。本省審議官クラスが地方出向する場合は副知事に任命されるケースもあります。その後、その後役人を引...

 
 

環境省の仕事中央省庁で最も小さな組織と言われている環境省の仕事は日本国内だけではなくオゾン層の破壊など世界の環境問題にも取り組みます。組織を大きく分けると、「総合環境政策局」、「地球環境局」、「水・大気環境局」、「自然環境局」になります。「総合環境政策局」では環境に関すること全般の政策、立案を行います。また、環境についての計画書の作成なども担当します。「地球環境局」では地球温暖化問題、オゾン層の保...

 
 

国土交通省の仕事国土交通省では主に公共事業のインフラ整備などを担当しています。一般的には、事務官と技官では事務官僚が出世に有利と言われていますが、国土交通省では技官のほうが有利なようです。歴代の事務次官を見ても技官が多いです。国土交通省の外局には「気象庁」や「海上保安庁」などが設置されています。国土交通省の仕事は多岐にわたり、土地、建設産業、町づくり、都市整備、都市防災、道路を車が安全に走れるよう...

 
 

経済産業省の仕事戦後高度成長期の立役者となったのが経済産業省です。主に貿易、経済、産業政策を担当してします。外局としては特許庁、資源エネルギー庁、中小企業庁が設置されています。中央省庁でも絶大な人気を誇る、経産省の組織は「経済産業政策局」、「通商政策局」、「貿易経済協力局」、「産業技術環境局」、「製造産業局」、「商務情報政策局」、に分かれます。「経済産政策局」ではマクロ経済政策を中心に経済取引、新...

 
 

農林水産省の仕事2013年現代、農、林、水の産業は若い人に敬遠され、近年労働人口が減って来ています。その絶対絶命のピンチを立て直すのが農林水産省の役目ということになります。これから重要になってくるのは、労働者の若返り、後継者の育成、食品の安全確保、TPP(環太平洋経済連携協定)問題でしょう。組織は大きく分けて「消費安全局」、「食糧産業局」、「生産局」、「経営局」、「農村振興局」になります。「消費者...

 
 

厚生労働省の仕事厚生労働省の仕事内容は社会保障全般についてがメインとなります。近年、失業率が増加しているのは皆さんご存知だと思います。バブル崩壊→ITバブル崩壊→サブプライム問題・リーマンショックで→東日本大震災の負の連鎖により働きたくても働けない若者が増えニートという言葉が流行しました。働きたい人はいるのに雇用の需要が無いのです。その結果正社員になることができず、フリーターが増加傾向にあります。...

 
 

文部科学省の仕事文部科学省は子供たちの教育に関する業務を主として行っています。例えば「ゆとり教育」をあげたのも文科省です。教育行政に携われるとして人気な中央官庁の一つに挙げられます。外部局には文化庁が設置されています。文部科学省の組織紹介「生涯学習局」では生涯学習全般業務、社会教育活動などを担当します。「初等中等教育局」では幼稚園から高等学校の教育事務、教員指導、育成業務を担当します。「高等教育局...

 
 

財務省の仕事財務省は霞ヶ関のボスと呼ばれていて、その権力は絶大です。その権力がある理由は、日本の国家予算を握っていることが挙げられます。つまり財務省の権限で国家予算案を決めることができるのです。国家の歳入と歳出を握る財務省には他の中央省庁の官僚も頭が上がらないないでしょう。財務省は入省のおそらく公務員試験で最難関でしょう。官僚として入る学生のほとんどが東京大学法学部をトップクラスで卒業した者ばかり...

 
 

会計検査院の仕事会計検査院は内閣から独立した組織になります。仕事内容は各省庁のお金の使い道などをチャックして、指導や助言をすることです。簡単に言うと、無駄遣いをさせないための組織と言ったところでしょうか。仲間同士で検査するのも疑問に思うが、会計検査院が存在すること自体が税金の無駄遣いのような気もするが・・・また国の機関以外にも特殊行政法人や地方自治体の検査も行うため、かなりの広範囲になります。会計...

 
 

人事院・人事委員会人事院とは国機関で、人事委員会とは地方公共団体の機関になります。役割としては多少違うところもありますが、ほとんど同じと考えてください。ここでは国の機関である人事院について説明します。人事院は内閣から独立した中立した組織になります。そのため独立性が強く人事院だけに許された特権がいくつかあります。人事院の仕事内容としては国家公務員の人事、採用、昇進、などの条例や規則などを定めます。公...