内閣府の仕事

 

内閣府は2001年の中央政府編成改革で誕生した行政機関です。

 

内閣府のトップは総理大臣になります。

 

内閣府の中央省庁の調整や連絡などのまとめ役の仕事になります。

 

内閣府の仕事内容は北方領土対策、男女雇用参画社会、賞勲業務、宇宙に関すること、各統計など幅広い業務内容が特徴です。

 

例えば賞勲業務では各省庁から推薦された人物を審査したり制度に改革しています。

 

内閣府の仕事内容のイメージとしては簡単に言えば浅く広くです。

 

他の省庁が行わない統計をいろいろな行政機関からまとめ、

 

提出が遅れている機関に催促したりと日本の経済を見る統計なので正確なデータが求められます。

 

庶務関係など雑用のような仕事も多いのが特徴です。

 

内閣府の下の組織には「公正取引委員会」、「金融庁」、「宮内庁」などがあります。

 

スポンサードリンク