防衛省の仕事

 

防衛省の仕事内容を一言で言うと「日本の安全を守ること」です。

 

平和な国を維持するには海外から侵略や攻撃から守る必要があります。

 

防衛省はそのために、陸、海、空の自衛隊組織を総合的に運営する役割を果たします。

 

防衛省の組織を大きく分けると「防衛政策局」、「運用企画局」、「人事教育局」、「経理装備局」になります。

 

「防衛政策局」では日本を守るための作戦や立法を作成します。また国際交流に関することや様々な情報収集なども行います。

 

「運用企画局」では自衛隊の年間計画や行動、訓練を管理や運営します。

 

「人事教育局」では職員の給料、福利厚生、共済事務、教育に関する仕事となります。

 

「経理装備局」では予算、決算など会計関係全般、研究開発に関する仕事になります。

 

 

スポンサードリンク