国土交通省の仕事

 

国土交通省では主に公共事業のインフラ整備などを担当しています。

 

一般的には、事務官と技官では事務官僚が出世に有利と言われていますが、国土交通省では技官のほうが有利なようです。

 

歴代の事務次官を見ても技官が多いです。

 

国土交通省の外局には「気象庁」や「海上保安庁」などが設置されています。

 

国土交通省の仕事は多岐にわたり、土地、建設産業、町づくり、都市整備、都市防災、道路を車が安全に走れるように整備対策、

 

交通安全対策、鉄道に関すること、鉄道の整備対策、海上運送に関すること、湾岸の整備、航空交通の安全に関すること、などそのほとんどが

 

日本国民が安心して交通することができるように対策や立法することです。私たちの生活に直接関係性のある問題に取り組みます。

 

また最近では道路が陥没してしまう問題が地方各地で発生していて、自治体と協力して対策を練っているようです。

 

 

スポンサードリンク