財務省の仕事

 

財務省は霞ヶ関のボスと呼ばれていて、その権力は絶大です。

 

その権力がある理由は、日本の国家予算を握っていることが挙げられます。

 

つまり財務省の権限で国家予算案を決めることができるのです。

 

国家の歳入と歳出を握る財務省には他の中央省庁の官僚も頭が上がらないないでしょう。

 

財務省は入省のおそらく公務員試験で最難関でしょう。官僚として入る学生のほとんどが東京大学法学部をトップクラスで卒業した者ばかりです。

 

日本トップの法学部のそのまたトップクラスの人が集まるわけですから、事務次官争いも大変なわけです。

 

財務省を簡単に説明すると「税金を握ったエリート集団」と言ったところでしょう。

 

外局には国税庁が設置されています。

 

 

財務省の組織仕事内容の紹介

 

「主計局」では予算編成を行います。

 

毎年12月頃に内示が出されますが、その後増額するを要求する各省担当者と主計官が交渉する訳です。

 

財務省の花形局です。

 

「主税局」では主に租税制度(国税)の企画立案を担当します。

 

「どんな税金を%集めるか」と言ったイメージです。

 

消費税増税などもこの局が担当します。その他、法人税を減税したり増税したり決めるのもここです。

 

主計局と共に財務省の看板局です。

 

「関税局」では海外からの商品や原料の輸入時にかかる関税制度について企画立案します。

 

「理財局」では国有財産の管理、国債に関することを担当します。

 

「国際局」では海外の為替・通貨の制度についてを担当します。

 

 

スポンサードリンク