人事院・人事委員会

 

 

人事院とは国機関で、人事委員会とは地方公共団体の機関になります。

 

役割としては多少違うところもありますが、ほとんど同じと考えてください。

 

ここでは国の機関である人事院について説明します。

 

人事院は内閣から独立した中立した組織になります。

 

そのため独立性が強く人事院だけに許された特権がいくつかあります。

 

人事院の仕事内容としては国家公務員の人事、採用、昇進、などの条例や規則などを定めます。

 

公務員は団体交渉権に一部制限がかかりますので、人事院が政府に対して、民間企業に準じた昇給や給料に関する勧告をします。

 

しかし、人事院の最も重要な役割は、なんと言っても毎年行われる採用試験になります。

 

面接なども担当して公平に得点付けるという重大な役割があります。

 

都道府県、市町村区にも同じように人事委員会という名称で行政と中立した機関があります。

 

人事院と同じく、職員の採用、人事や民間企業に準じた給料の勧告を行います。

 

スポンサードリンク