一般知識

初級公務員試験一般知識

 

 

公務員試験の種類は様々だが、1次試験の筆記テストに関しては、ほぼ同じ作りになっている。

 

試験の科目は一般知識と一般知能問題に分かれる。

 

ここでは一般知識について説明します。

 

一般知識

 

一般知識は「社会科学」、「人文科学」、「自然科学」で構成されています。

 

 

社会科学

 

「政治」「経済」「社会」から構成され、「生活常識」を加えている自治体もある。

 

おおよそ7問出題され、私個人として非常に覚えやすく、得点しやすい。

 

5〜6点は確実に取れるようにしておきたい。

 

 

人文科学

 

「日本史」「世界史」「地理」「文学・芸術」「国語」から構成され、

 

試験によっては論理から出題されるケースもある。

 

おおよそ11問出題され、ここは何としても高得点を狙いたいところ。問題としては易しい。

 

 

自然科学

 

「数学」「物理」「化学」「生物」「地学」から構成される。

 

おおよそ7問出題され、得意な人には非常に簡単な問題だが、

 

苦手な人は、かなりの勉強時間を取られてしまう。

 

捨て科目を作るならここだ。

 

 

以上「一般知識」でした!

 

 

スポンサードリンク