公務員の資格取得

公務員の自己啓発

 

公務員は資格手当はありませんし、資格を持っているからと言って出世(昇任)に有利になる訳ではありません。

 

一見すると公務員が資格を取っても時間が無駄と思われると思いますが、現在の公務員の立場からするとそうとも言い切れません。

 

公務員は不祥事を犯さない限りリストラ(クビ)にはならないと思っている人も多いようですが、将来的にどうなるかわかりません。

 

10年も経てば公務員制度は大きく変わっている可能性もあります。

 

実際にここ20年で公務員の年収は大きく減額になり、

 

ある自治体では平成4年度では民間企業のボーナスに当たる年間の期末・勤勉手当が5倍以上だったのが平成24年度では4倍以下に落ち込んだそうです。

 

実に一か月の月収分くらい少なくなったことになります。

 

知っている人は少ないと思いますが、公務員は少し前まで、夏、冬、春の3回に渡って期末・勤勉手当(ボーナス)の支給がされていました。

 

それが今では当たり前のように夏、冬だけになっています。

 

管理職手当は年々減り続け、一般職の職員とそれほど変わらない給料になっています。

 

特に教育現場では教頭・校長の不足が問題となっています。頑張った分だけの見返りの無い公務員は勤務年数を重ねるにつれモチベーションが低下する人も多いようです。

 

いざ公務員のリストラが始まれば、自分の能力を鍛えてこなかった人は焦るでしょう。

 

公務員の一生安泰で安心した暮らしは終わりを告げるかもしれないのです。

 

そんな時、普段から自己啓発をしていて常に向上心を持っている人なら公務員のリストラが始まっても、多少の動揺は合っても社会で生きる力はあるでしょう。

 

近年いざという時のために、資格を取得する公務員が増えてきています。

 

公務員の仕事の関係する資格

 

どうせ資格を取得するなら現在している公務員の仕事に生かせる資格が良いかと思います。

 

ここでは公務員に関係する資格を紹介します。

 

宅建

 

宅建は毎年数万人が受験するマンモス資格ですが、

 

不動産のイメージが強すぎて不動産関係の部署に異動にならない限り無縁の知識と思われています。

 

しかし、公務員の仕事に良く関わる「民法」、「農地法」、「税法」が出題されています。

 

試験の難易度の割には転職・就職の効果が高い資格です。

 

よく宅建は意外と難しい試験とネットや本に記載されていますが、はっきり言って簡単です。

 

合格者の平均勉強時間が350時間とか言われていますが、それは僕の見解だと独学者が確実に受かるための勉強時間だと思います。

 

実際には宅建スクールなどを活用すれば100〜150時間程度集中して勉強すれば個人差はありますが受かる可能性は十分にあります。

 

つまり1日1、2時間3ヶ月毎日勉強すれば合格できる人もいるということです。

 

無料資料請求
☆公式ホームページ

 

ユーキャン

 

FP2級・FP3級(ファイナンシャルプランナー)

 

FPの資格はお金の基礎知識を学ぶには最適な資格と言えるでしょう。

 

社会人になると、人生の生活設計、保険、資産の運用、税金関係の知識、不動産、相続などの基本的な知識を知っておかないと恥ずかしい思いをすることもあります。

 

また、保険、税金関係の知識、相続の基礎知識は知らないことで気が付かないうちに損をしている人も多いようです。

 

また、FPの資格は社会人1年目の新採用者が知っておきたい基礎知識の問題が多数出題されています。

 

公務員になる前に取っておくと便利な資格だと思います。

 

無料資料請求
☆公式ホームページ

 

ユーキャン

 

行政書士

 

大卒公務員を受験する人中には出題範囲が重なることから行政書士の資格を並立して勉強する人も多いようです。

 

教養試験、法律科目が一部重なることが併願する人の理由みたいです。

 

理想は大学1、2年生の時に行政書士の資格を取得して、大学2、3年で公務員試験の対策することだと思います。

 

また、行政書士の資格は公務員の仕事と法律という点で役に立つことが多いから、公務員試験に合格した後から資格取得を目指す人もいるようです。

 

行政書士の資格は公務員の仕事内容と相性が抜群と言えます。

 

無料資料請求
☆公式ホームページ

 

ユーキャン

 

TOEIC

 

有名な話しですが、IT業界の大手楽天では社内の公用語を英語にしたことで話題になりました。

 

公務員でも部署によっては英語が必須のところもあるくらいです。

 

特に国家公務員総合職試験に合格した人は海外に勤務する可能性は高いと思います。

 

さらに最近では地方公務員でも国際交流のとして海外に行くこともあるみたいです。

 

時代の流れから考えるとTOEICのスキルは公務員の仕事にあると役に立つ便利な資格だと思います。

 

無料資料請求
☆公式ホームページ

 

ユーキャン

 

普通自動車免許

 

近年、車の1人あたりの所有率が低下傾向にあります。特に若者の車離れが目立ちます。

 

公務員というと電車通勤のイメージが強いですが、出張などで駅からバスが出ていない利便性の悪いところに行くことも結構あります。

 

また、学校事務の職員など収入事務のある職場では銀行に頻繁に行くこともありますので、車が無いと仕事の効率が悪くなることがあります。

 

普通自動車免許を取得して車を所有していると便利と言えるでしょう。

 

自動車免許取得へ進む

 

中国語検定

 

中国は日本を抜いて世界第2位の経済大国です。いずれアメリカを抜いて世界のリーダーになる可能性も十分に考えられます。

 

サラリーマンで仕事をしながら中国語を学ぶ人も多いようです。

 

公務員にとって特に無ければならない資格ではありませんが、これから中国との交流が活発になれば一般の地方公務員でも活用の場があるかもしれません。

 

無料資料請求
☆公式ホームページ

 

ユーキャン

 

日商簿記1級・2級・3級

 

公務員に日商簿記の資格は必要ありませんが、持っていると重宝される聞いたことがあります。

 

理由は公務員は税務関係の仕事をすることが多く、公務員に人気の資格です。

 

私の元職場の自治体では簿記のキャリアアップ講座を実施していました。

 

それほどニーズのある資格と言えるでしょう。

 

また、3級からチャレンジすることができますし、計画的に学習を進めていけばそれほど難易度が高くないのでステップアップには良いと思います。

 

簿記の次は税理士の資格を目指すのもよいと思います。

 

無料資料請求
☆公式ホームページ

 

ユーキャン

 

公務員の資格取得

 

公務員は特に資格があるから給料が上がる訳でもないし、出世に影響することもほとんどないです。

 

しかし、どうでしょうか?向上心の無い公務員が日本の行政を支えていくことができるでしょうか?

 

公務員も自己啓発やキャリアアップを目指しても良いのではないでしょうか?

 

資料請求は全て無料になっています。気になる講座があれば気軽に資料請求してみてください!

 

ユーキャン

 

 

 

 

以上「公務員の役に立つ便利な資格」でした!

 

スポンサードリンク

公務員の役に立つ便利な資格記事一覧

 

公務員は資格を取ってから退職する人が多いようです。公務員は利益を追求した仕事をして来なかったため転職に弱い職業とされています。特に行政職や事務職の公務員は民間企業に転職する時に特に宛てが無い場合、苦労することになると思います。しかし、公務員を辞めて転職や起業で成功しているも多くいることも事実です。では公務員を退職して成功している人はどんな人なのか?やはり公務員時代もずば抜けて仕事のできる人だったの...

 
 

自動車免許公務員になる前に取っておきたい資格として運転免許が挙げられます。公務員と言えば電車通いなんてイメージもありますが、私のいた職場では9割以上が車で通勤していました。私は運転免許を持っていなかったので、自転車で10キロほど離れたところまで3日に1回くらいのペースで書類を出しに行ってました。1回の往復で1時間半はかかっていました。出し忘れた書類があって1日に2回行くこともありました。公務員の仕...