公務員面接に落ちたらどうしますか?

公務員の採用面接の特徴や仕組みを紹介します。

 

公務員試験の受験者は常に「落ちたらどうしよう」、「不合格になったらどうしよう」、「面接緊張して失敗しそう」などと不安を持っているものです。

 

公務員採用面接の担当部署は?

 

都道府県の事務系の県庁職員、学校事務、などの地方公務員の面接採用試験を担当するのは各自治体の人事委員会です。

 

公安系の警察官の場合は警務課などが面接採用を担当することが多いです。

 

また、国家公務員の採用面接は人事院が担当します。

 

公務員の採用面接と民間企業の面接の違いは?

 

公務員と民間企業では仕事の目的が違うことから面接主旨が多少異なります。

 

採用面接で求める人材像

 

公務員の場合は社会貢献できる人物。

 

民間企業の場合は会社に利益を与える人物。

 

二つの採用面接試験で求められる人材はざっくり言うと上記のとおりです。

 

公務員は国民全体の奉任者ですので、常に平等に仕事をする必要があります。

 

民間の大抵の会社では容量良く仕事をさばける人材を求めますが、公務員は仕事のスピードよりも安定した正確が必要になります。

 

面接でアピールすること

 

公務員組織の出世する人の特徴は失敗しない人です。

 

出世するのに大きな成績や実績などがあり、過去に仕事で成功した経験を持つ職員でも、1つの大きな失敗で出世レースから脱落します。

 

そもそも、公務員の仕事内容は民間企業のように営業成績など貢献度が数字に出ないので、仕事で結果を出すということが難しいのです。

 

そのため、公務員の評価は減点方式とよく呼ばれていて、いかにマイナス得点を付けないかが出世できるかどうかのカギになります。

 

大きな改革や行動に出る人よりも与えられた仕事を正確にこなせる人材が公務員に向いていると言えます。

 

そのため、公務員面接試験でアピールすることは「ミスの無い正確に仕事をすることができる安定です」

 

短所を聞かれた場合に多くの人は単純に自分の悪い個所を述べてしまいますが、公務員面接は短所を短所のままにしてしまうと面接官の不安要素の1つになってしまいます。

 

例えば「仕事が遅い」を言い換えれば「丁寧」になり面接官にアピールすることもできるのです。

 

公務員面接で不合格になる人の特徴

 

公務員の採用面接で不合格になる受験生の特徴は面接対策に問題があると言えます。

 

1人で面接の対策をしてみたり、親や友達、学校の先生に協力してもうらうなど公務員採用面接対策をする方法はたくさんあります。

 

しかし、公務員の2次試験で不合格になってしまう人の特徴として、公務員面接のプロから対策テクニックを教えてもらっている訳では無く、素人なのです。

 

多くの人は民間企業の面接対策には詳しいのに、公務員の面接テクニックを知らないのです。

 

一次試験は全て合格したのに、二次試験で全て不合格になったらどうしかますか?

 

また、一年間、面接対策だけでなく勉強もする必要があるでしょう。

 

時間やモチベーションを考えてもデメリットの方が大きいでしょう。

 

できれば、元公務員の面接官にノウハウを教えてもらいたいところですね。

 

公務員面接のプロが教える攻略方法へ進む

 

公務員予備校一覧へ戻る

 

スポンサードリンク

 

初級公務員面接試験へ進む

 

公務員試験面接対策へ戻る

公務員採用面接の仕組み記事一覧

 

地方中級公務員試験の二次試験対策地方中級公務員試験の一次試験で複数合格・・・しかし結果は面接で全滅の不合格。面接で失敗して公務員になることを諦めた人は数多くいます。中級公務員試験は他の初級・上級公務員に比べて採用枠が少ない自治体が多いことから、倍率の高い試験が多いことが目立ちます。実は倍率の高い試験で重要になるのは筆記試験より面接試験なのです。公務員の短大卒又は専門卒のU類や中級採用試験では、上級...

 
 

地方上級公務員試験の面接対策地方上級公務員の面接試験は中級や初級の公務員試験と比べると格段と難易度が高くなります。地方の幹部候補生として活躍が期待されていますので、面接官から求めらる能力も高卒・短大卒・専門卒の受験生とは異なるのです。そのため面接試験は個別面接のほかに集団討論を実施する上級公務員試験は多いです。上級公務員の面接対策は個別と集団の両方の対策する必要があるので、一発合格を目指すのであれ...

 
 

社会人採用試験の試験面接社会人経験者の選抜公務員試験の面接の特徴は兎に角倍率が高く、難易度が高いことです。国家公務員の社会人採用試験の場合は倍率100倍以上は当たり前で、難易度の高い試験になると倍率300倍以上になることもあります。社会人採用試験は一般の公務員試験とは少し異なる試験内容になっています。例えば、民間企業の勤務年数が一定期間必要であったり、採用されると課長補佐級の階級がいきなり与えらた...

 
 

公務員試験の面接で準備しておくこと公務員試験でも民間の就職面接でも大切なことはしっかりと面接の準備をして臨むことです。特に面接で質問される内容は人それぞれですが、頻出に質問される内容とたまにしか聞かれないレアな質問があります。質問される確率の高い内容はどのように答えれば、面接官に好印象を与えることができるのかを考えておきたいところです。面接で良く聞かれる内容まずは公務員試験の面接における頻出3題質...

 
 

公務員の面接試験を受けるにあたって、服装と髪型に悩む人は多いようです。面接対策の外見としてのポイントはマイナスイメージを与えないことです。ここでは男性と女性の公務員試験用の服装と髪型を紹介します。公務員試験の面接服装男性の面接の服装選びのポイントは試験を受ける自治体か省庁のニーズに合わせることです。公務員は基本的にコツコツと堅実に仕事をこなす職業ですので、派手さは抑えて真面目な印象を与えるような服...

 
 

公務員面接で志望動機は重要志望動機を考える中で重要なのは、「公務員と民間企業の違い」、地方公務員なら例えば「大阪府庁と京都府庁の違い」など知ることです。上級・中級・初級など採用区分や国家公務員・地方公務員を問わず志望動機を考えることは合否を分ける大切な対策なのです。志願理由の失敗例失敗例の設定:志願先は上級長野県職員の行政職「民間企業は利益を追求しますが、公務員の仕事は社会貢献です。私は世の中の役...

 
 

面接カードの目的市役所の面接試験の前には面接カードを記入して提出することが定番です。他の国家公務員、地方公務員の面接試験にも面接カード対策は必要です。面接カードの書き方が分からない受験生は多いようです。正直に書くべきなのか、ウソをついてでも面接官を引き付けるような内容にすべきか・・・いろいろ考えて悩んでしまう人もいると思います。まず、面接カードの目的は受験者がどんな人間かを知るためのものです。その...

 
 

集団討論の面接最近、大卒程度の上級公務員試験の2次試験でで多いのが集団討論です。短大卒程度の中級公務員試験、高卒程度の初級公務員試験にはほとんど採用されていない試験です。市役所、県庁、警察官、消防士など地方公務員試験や国家公務員試験でも試験の1つとして行われています。集団討論はグループディスカッション、グループ討議、政策課題討論などと呼ばれることもあります。集団討論とは複数の受験者にテーマを与えて...

 
 

面接に失敗する原因地方公務員、国家公務員共に面接試験は大変重要ですので、失敗しないようにベスト状態で臨む必要があります。面接で失敗せずに合格するには公務員試験のよくあるミスや失敗例など不合格になる人の特徴を知っておくことが大切だと思います。面接の失敗例面接で不合格になった人は大抵、自分の失敗に心当たりが無いものです。失敗例を確認して自分に当てはまらないかチェックしましょう。身だしなみ服装が面接の場...

 
 

面接対策は1ヶ月前から?公務員試験の受験者の多くは筆記試験の対策ばかりに気を取られ、面接の対策を怠っています。地方公務員(市役所、県庁、警察官、消防士)や国家公務員に限らず、面接試験は合否を分ける大切な受験生の課題です。しかし、重要な公務員面接対策を1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月前など短期で対策しようとする人が多いのです。人によっては一次試験合格が決まった時点で公務員通信講座などに申し込んで、面接の対策を...

 
 

第一志望はどこですか?公務員試験は5個くらいの自治体や省庁を受験するのは当たり前です。しかし、面接カードに就職活動状況又は併願状況を記載する項目が設けられているケースがあります。この場合、2〜3個ならスルーされる確率が高いですが、5個以上の公務員試験を併願しているとなると、面接官に併願状況について突っ込まれる可能性があります。具体的には「第一志望はどこですか?」、「○○市を受験した理由は?」などで...

 
 

上場企業より公務員の時代?最近では大学生の就職活動で民間企業と公務員を併願する学生も多くなってきているようです。公務員人気の理由は高収入、安定、世間体抜群など公務員になるメリットの大きさを感じている大学生は多いようです。一部の学生によると大手企業(誰でも知る一流企業)と公務員どちらとも合格した場合にどちらに就職するかという質問に対して公務員と答える人もいました。今や上場企業より公務員に就職する方が...