民間企業経験者の公務員面接

社会人採用試験の試験面接

 

社会人経験者の選抜公務員試験の面接の特徴は兎に角倍率が高く、難易度が高いことです。

 

国家公務員の社会人採用試験の場合は倍率100倍以上は当たり前で、難易度の高い試験になると倍率300倍以上になることもあります。

 

社会人採用試験は一般の公務員試験とは少し異なる試験内容になっています。

 

例えば、民間企業の勤務年数が一定期間必要であったり、採用されると課長補佐級の階級がいきなり与えらたりします。

 

当然、新卒の学生とは求められることも違います。社会人を一定年数経験しているので、即戦力になることは当たり前の世界です。

 

そのため、面接での発言の1つひとつを意識する必要があり、1つのミス・失敗が試験の合否を揺るがしてしまう可能性のある厳しい面接試験になることは覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

社会人採用試験には大卒程度と高卒程度に大きく分かれますが、難易度はどちらも超難関です。

 

まず、採用枠が異状に少ないため、一次試験の倍率も凄まじく高くなります。面接の練習どころではない受験者がほとんどです。

 

公務員の転職面接

 

忘れてはいけないのは社会人採用試験にチャレンジするということは転職だと言うことです。

 

転職の面接で通過するポイントは準備です。

 

準備というと髪型や服装などの身だしなみを想像する人も多いと思います。しかし、それ以上に大切なことがあります。

 

それは志望動機と自分のアピールポイントです。

 

なぜ自分はそこの自治体・省庁に就職したいのか?その職場で自分が活躍できる売りはなんなのか?をハッキリさせておく必要があります。

 

この準備をしていない人は公務員の転職試験で失敗して不合格になる確率が高いです。

 

公務員へ転職面接の準備は数週間でなんとかなるものではありません。

 

新卒採用試験の面接のレベルであれば、倍率も高くて10倍程度ですので、短期で合格することも可能です。

 

しかし、社会人採用の公務員試験は200人受験して合格者ゼロの可能性のある超難関です。

 

本当に優秀でほしい人材の確保が目的ですので、面接官に喉から手が出るほど欲しい人材と思わせる何かが必要になります。

 

ポジティブに面接試験に臨む

 

公務員民間企業経験者の面接対策で大切なことはポジティブに考えることです。

 

「転職して人生の勝ち組になるんだ!」など明るい、前向きな気持ちの転職者は面接試験に合格しやすい特徴があります。

 

公務員の面接対策で大切なのは転職活動を楽しむことです。生き生きとして自分を見せることができれば、「この人の一緒に働いたら毎日が楽しくなりそうだ!」と思わせることができるかもしれまえん。

 

公務員の面接官も人間です。一緒に楽しく働ける人材を採用したいに決まっています。

 

面接試験で言ってはいけないこと

 

面接試験は自分をアピールする場です。しかし、公務員の面接試験には言ってはいけないNGワードがあります。

 

安定・年収(給料)・社会的地位などの待遇面のことです。

 

「公務員は安定した職業ですので、親を安心させるために就職を希望しました」・・・

 

一見正当な志望動機を言っているように思えますが、自分が面接官の立場なら待遇が志望動機の人よりも、「自分の○○の力を、○○部で。○○して発揮したい!」など具体的に仕事と繋がる志望動機の方が好ましいです。

 

一般的に公務員の面接試験では特に待遇面を語るのは控えた方がいいのです。

 

正直の気持ちだとしても面接で口に出すのは避けましょう。

 

公務員面接試験一発合格へ進む

 

公務員予備校一覧へ戻る

 

スポンサードリンク

 

公務員試験の面接質問例へ進む

 

地方上級公務員の面接対策へ戻る