面接で不合格になる人の特徴

面接に失敗する原因

 

地方公務員、国家公務員共に面接試験は大変重要ですので、失敗しないようにベスト状態で臨む必要があります。

 

面接で失敗せずに合格するには公務員試験のよくあるミスや失敗例など不合格になる人の特徴を知っておくことが大切だと思います。

 

面接の失敗例

 

面接で不合格になった人は大抵、自分の失敗に心当たりが無いものです。

 

失敗例を確認して自分に当てはまらないかチェックしましょう。

 

身だしなみ

 

服装が面接の場としてふさわしくない人や、汚れていたりよれよれのワイシャツを着てくる人が稀にいるようですが、不潔でだらしないマイナス印象を面接官に与えてしまうので注意が必要です。

 

身だしなみは清潔感のある服装で面接に行くのが当たり前です。特に考えないで面接に臨むと失敗する原因になってしまいます。

 

態度と姿勢

 

面接で失敗するのが分かっていて態度や姿勢が悪い人なんているの?と思う人も多いはずです。

 

しかし、面接の失敗例として多いのが、「声が小さい」、「背筋が曲がってる」、「プライドが高く横柄な態度を取る」などです。

 

公務員面接は態度や姿勢の悪い受験生は嫌な奴と思われてしまいます。これは民間企業の面接でも同じことが言えますので面接で失敗しないように注意しましょう。

 

言葉の使い方と話し方

 

敬語など日本語の使い方と話し方は面接官がチェックする可能性の高い項目です。

 

しかし、普通に考えて敬語が分からない、会話の要点がはっきりしない、考えないでその場限りの返答をするなどやはり好感を持つことは難しいでしょう。

 

正しい敬語の知識が無い人はできれば面接前に覚えておきたいところです。

 

熱意が無い

 

面接では自分のやる気をアピールすることが大切です。

 

感情的になりすぎるのはNGですが、熱意が面接官に伝わるように返答することが望ましいです。

 

質問に対して淡々と答える人より、熱意のこもった返事をする受験生の方が印象は良いはずです。

 

落ち着きが無い

 

意外と気が付かないのが、自分の囁かなクセです。

 

例えば、焦ると頭をかいたり、舌を出したり、慣れて脚をクロスさせてしまったりなど、本人は真剣に面接に臨んいるつもりでも、面接官から不真面目だと思われてしまい、失敗する可能性がありますので気を付けましょう。

 

公務員面接試験一発合格へ進む

 

公務員予備校一覧へ戻る

 

スポンサードリンク