市役所試験のスクール講座

市役所筆記・面接対策

 

市役所の面接対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分でスクールの面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

市役所試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じスクールである必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

市役所の採用区分

 

市役所職員になるには政令都市、中核市、一般市などの自治体の採用試験に合格する必要があります。

 

採用区分は高卒程度の初級(V類)、短大・専門卒程度の中級(U類)、大卒・院卒程度の上級(T類)に大きく分かれます。

 

そして、稀に社会人経験者採用試験を実施している市役所もありますので、情報を良くチェックしておきましょう。

 

職種は大きく分けて、事務・行政系・技術系・資格免許系に分かれます。

 

技術系公務員には土木、建築、機械、電気などがあります。

 

資格免許系公務員には司書、保健師、保育士、教員などがあります。

 

教養試験・専門試験

 

一般教養試験では歴史、地理、倫理、政治、経済、国語、数学、化学、物理など学校の授業で習う科目の他に文章理解、判断推理、数的推理など少しイレギュラーの問題も出題されます。

 

専門試験では行政学、政治学、社会学、憲法、民法、刑法、会計学、経営学、財政学などが出題されます。主に経済系、法律系、行政系の3つに分かれて出題されることが多いです。

 

また自治体によっては専門試験が実施されていない職種もあります。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

市役所職員の倍率は低い自治体で3〜5倍、高い自治体だと30倍以上のケースもあります。

 

また、小規模の市役所の場合ですと、年度によっては採用試験を実施していなかったり、大卒のみの採用試験で、高卒程度の採用枠が無いケースがあります。

 

比較的採用枠が多い自治体の特徴として、政令都市に指定されている市役所や中核市と呼ばれる市役所です。

 

面接試験の難易度も各市役所試験によって様々です。

 

面接対策はスクールか独学

 

どちらが効率的かと言われれば独学よりもスクールや公務員講座です。

 

一般的に千葉市職員専門コースなどの講座を実施している予備校は少ないです。大抵地方初級コース・市役所コースなどの名称になっています。

 

自治体限定の専門のコースでなくても公務員試験は内容が似ている部分が多いので、対応できます。

 

市役所スクールの選び方

 

市役所コースを実施している公務員予備校は複数ありますので、各スクールの講座内容を詳しく確認することをおすすめします。

 

具体的な方法は公務員予備校の資料を集めることです。

 

資料にはネットで掲載されていない詳しい内容が記載されていますので、要チェックです。

 

 

公務員予備校一覧

 

 

スポンサードリンク