警察官試験のスクール講座

警察官筆記・面接対策

 

警察官の対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分でスクールの筆記・面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

警察官試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じスクールである必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

警察官の採用区分

 

警察官試験は男女別で実施されるのが通常になります。A・B区分などと表記する自治体が多いです。

 

さらに大卒程度・短大専門卒程度・高卒程度など受験資格に合った採用区分を選択することになります。

 

自治体によってT類・V類などの試験名称のケースもあります。

 

警察官試験は受験できる年齢制限が一般行政職に比べて緩いことが特徴的で、自治体によっては30歳以上でも受験を認めていることもあります。

 

また、民間企業の経験年数・採用区分によって昇進試験を受けるまでの期間、警察学校の研修期間、初任給などが異なります。

 

教養試験

 

警察官試験では通常専門試験は実施されません。

 

一般教養試験と呼ばれる試験を実施している自治体がほとんどです。内容は大きく知能分野と知識分野に分かれます。

 

知能分野では文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈などあまり聞いたことの無い科目になります。

 

最初は戸惑う受験生も多いようですが、慣れてくると楽しい勉強になるようです。

 

続いて一般知識ではこれまで授業で習った勉強内容が中心となって出題されます。

 

具体的に国語、数学、日本史、世界史など多数の科目から出題されます。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

最近では警察官も人気の職業として最終倍率が10倍以上になる自治体も増えてきました。

 

警察官試験の場合、筆記試験ではあまり落とさないで、面接試験で一気に振るいにかける傾向がありますので、面接試験の倍率が3〜4倍以上になることも最近では珍しく無くなってきました。

 

面接対策はスクールか独学

 

警察官試験は一次試験の難易度こそ低いですが、二次試験の面接難易度は高いです。

 

そのため筆記試験は独学でチャレンジして、面接試験はスクールで専門講師にノウハウを指導してもらって対策する受験生もいるようです。

 

警察官スクールの選び方

 

まず公務員スクールで警察官専門コースを扱っていない学校はほとんどありません。

 

つまり、選びたい放題な訳です。できるだけ多くの予備校を選ぶことが、ポイントになります。

 

高卒警察官厳選おすすめ一覧

 

 

大卒警察官厳選おすすめ一覧

 

 

公務員予備校一覧

 

 

スポンサードリンク