大阪府庁職員のスクール講座

大阪府庁筆記・面接対策

 

大阪府庁の面接対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分でスクールの面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

大阪府庁試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じスクールである必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

大阪府庁の採用区分

平成24年度試験区分は下記の通りです。
大卒:行政、土木、林学、農業工学、農業、建築、環境、機械、警察事務
高卒:行政、警察事務、土木

 

日本の第二の首都になるのでは?と言われている大阪府庁の上級試験は1000人以上の受験者が就職を狙う大規模試験です。今後もしばらくは人気は続くでしょう。

 

教養試験・専門試験

 

大阪府庁の筆記試験は事務系では教養試験が中心に、技術系は専門試験が中心になります。教養試験は一般知識・一般知能に分かれ、専門試験は大卒程度では記述式、高卒程度では短答式で出題されています。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

24年度の最終倍率をみると技術系では5倍以下の低倍率試験区分が複数あります。しかし、上級の行政職ではやはり10倍を超える競争率を保っています。将来の大阪を背負う幹部候補生ですかね。難しいのは当然です。面接の倍率や難易度は職種によって異なります。

 

面接対策はスクールか独学

 

試験に落ちた時にスクールに通ったことを後悔する人より、独学で挑んでしまったことを後悔する人の方が多いような気がします。できる限りの最善策を尽くすという意味でもやはり予備校・通信スクールは効率的だと思います。

 

大阪府庁予備校の選び方

 

当サイトの検証によれば大阪府庁職員に強いスクールは大卒程度ではあればTAC公務員講座がおすすめ。高卒程度であればアビバ公務員講座か東京アカデミーがおすすめです。下記のリンクから他にもたくさんの予備校情報を得ることができるので是非見ていってください。

 

 

公務員予備校一覧

 

 

スポンサードリンク