外務省専門職のスクール講座

外務省専門職筆記・面接対策

 

外務省専門職の対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分でスクールの面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

外務省専門職試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じスクールである必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

外務省専門職の採用区分

 

外務省は社会人経験者試験などもありますが、このページでは21歳以上30未満の受験者が臨む一般的試験について紹介していきます。

 

教養試験・専門試験

 

外務省専門職試験では基礎能力試験、専門試験、外国語試験、時事論文の大きく4つに分かれます。専門試験では国際法、憲法、政治学などから出題され、外国語試験では高いレベルの和訳・外国語訳が出題されます。(外国語は英語、中国語の他ロシア、イタリア、ミャンマー、ベトナム、インドネシア、朝鮮など多数の中から選択)

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

毎年20〜30倍の最終倍率は当たり前の公務員試験です。受験者の多くは語学堪能で外国語に自信のある方です。逆に得意ではないという方は試験までに相当な努力をする必要があると思います。

 

最近の人物重視から面接試験倍率は高いことが予想されます。ちなみに短期大学・専門学生にも憧れの外務省職員チャンスがあります。

 

面接対策はスクールか独学

 

倍率が数十倍の試験ですので、普通の評価では採用されません。他の受験者に差をつける実力が無いと合格するのは難しいです。できれば、独学では予備校で専門講師に指導を受けて対策をするのが無難です。いろいろ試験の疑問を相談できますし、言ってはいけないNGワードをその場で教えてくれたりするので、本番に助かったという方は多いはずです。

 

外務省専門職スクールの選び方

 

個人的に試験対策としておすすめなのはTAC外務省専門講座です。しかし、1つの公務員予備校で資料請求しただけで決めてしまうのはリスクが高いです。できるだけ多くの予備校を比較することで自分にピッタリの講座を見つけることができるはずです。

 

その他外務省専門職を扱っているスクール一覧

 

LEC東京リーガルマインド

 

公務員予備校一覧

 

スポンサードリンク