財務専門官のスクール講座

財務専門官筆記・面接対策

 

財務専門官の対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分でスクールの面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

財務専門官試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じスクールである必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

財務専門官の採用区分

 

以外と知られていないようで、人気の試験なのが財務専門官です。平成24年度の申込者は5000人以上ですので、マンモス就職試験と言えるでしょう。国有財産の管理など責任重大でやりがいのある仕事が多数あるのが人気の理由の1つでしょう。

 

教養試験・専門試験

 

財務専門官になるには筆記テスト対策を十分にする必要があります。基礎能力テストでは一般知識・一般知能から出題され、馴染みのある科目も多数あります。「難しい」と受験者を悩ませるのが専門試験です。択一式・記述式の2回に試験が分かれ、会計学、統計学、商法、民法、政治学、情報数学・工学など多数の科目から出題されます。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

平成24年度財務専門官の最終倍率は33.5倍と公務員業界でも高い水準になっています。面接試験も毎年高い競争率になることが予想されますので、早めの準備が欠かせません。

 

面接対策はスクールか独学

 

スクールと独学で迷うなら、スクール・通信講座を選ぶべきだと思います。理由は失敗(不合格)した時にどちらが後悔するかを考えた時に間違えなく独学だからです。独学で不合格になるとどうしても、「スクール・通信教育で効率的な対策をしていれば・・・」と「たられば」を考えてしまいます。最善策を初めから尽くすことをおすすめします。

 

財務専門官スクールの選び方

 

個人的にはTAC財務専門官講座がおすすめですが、他の予備校との比較も大切ですので、下記の公務員スクールリンク集をご覧ください。

 

公務員予備校一覧

 

スポンサードリンク