食品衛生監視員のスクール講座

食品衛生監視員面接対策

 

食品衛生監視員の面接対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分で予備校の面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

食品衛生監視員試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じ予備校である必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

食品衛生監視員の採用区分

 

平成24年度から新しく実施されている国家公務員試験です。基本的には検疫所での業務が中心になるようです。今後、理系学生注目の就職先の1つになるでしょう。やりがいのある仕事内容ですので、人気が出ることが予想されます。

 

教養試験・専門試験

 

筆記テストは基礎能力試験と記述式の専門試験になります。基礎能力テストでは従来の教養問題と同様に知識・知能分野からの出題になります。難しいと言う方が多いのはどちらかと言うと専門試験の方で分析化学、食品化学、微生物学、毒性学、公衆衛生学、食品衛生学などが出題されます。(選択式)

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

平成24年度の食品衛生監視員の最終倍率は11.7倍です。面接試験の倍率もそこそこ高くなることが予想されます。難易度は現在はそれほど高くはありませんが、まだ新しい職種ですので、今後一気に難関試験になる可能性もあり得ます。

 

面接対策は予備校か独学

 

予備校で食品衛生監視員講座を扱っているのは少ないはずです。しかし、試験内容は共通する部分が多いので、やはり独学より予備校・通信講座で学ぶ方が無難だと思います。

 

食品衛生監視員予備校の選び方

 

公務員試験を扱っている主な予備校は下記の通りです。食品衛生監視員の試験対策になる予備校もあると思いますので、探してみてください。

 

公務員予備校一覧

 

スポンサードリンク