法務省専門職のスクール講座

法務省専門職筆記・面接対策

 

法務省専門職の対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分でスクールの筆記・面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

法務省専門職試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じスクールである必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

法務省専門職の採用区分

 

24年度の法務省専門試験は矯正心理専門官(男性・女性)、法務教官一般・社会人枠、保護観察官の試験区分に分かれて実施されました。ポイントは社会人区分の法務省専門官試験です。現在民間企業から公務員に転職したい方はチャンスかもしれませんよ。(毎年実施されている訳ではないので注意を)

 

教養試験・専門試験

 

法務省専門職の一次試験の筆記テストは基礎能力、専門知識(択一・記述式)が試されます。配点比率を考えると5割強の専門試験に相当力を入れる必要があると考えられます。科目は心理、教育学、社会学、福祉などです。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

倍率は5倍〜15倍程度と国家公務員試験の中では割と低い倍率になります。面接試験の倍率もそれなりになりそうですが、仕事の内容から人物が重視されていることは間違えありません。早期の対策が合格のカギになるでしょう。

 

面接対策はスクールか独学

 

面接対策は配点比率のウエートが高いので、筆記試験以上に気を引き締めて試験に臨む必要があります。特に受験者の多くは最後の砦である面接対策に全力で対策を練ってきます。差を付けられないようにするためにも独学より予備校・通信教育がおすすめです。

 

法務省専門職スクールの選び方

 

スクール選びに悩む方も多いようです。ポイントはできるだけ数多くの公務員スクールの資料を集めて講座内容、サポート内容を比較してみることです。法務省専門職試験のおすすめの予備校は個人的にはクレアールですが、いろいろと下記のリンクから見ていってください。きっとためになる情報がありますので!

 

公務員予備校一覧

 

スポンサードリンク