航空管制官のスクール講座

航空管制官面接対策

 

航空管制官の面接対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分で予備校の面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

航空管制官試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じ予備校である必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

航空管制官の採用区分

 

航空管制官に仕事に憧れて子供の頃から仕事に就くことを夢見る方は多いようです。試験区分は航空管制官試験の他に、専門知識を学ぶ航空保安大学校学生試験(電子又は情報)の2つに分かれます。

 

今回は航空管制官区分の情報を紹介していきます。

 

教養試験・専門試験

 

航空管制官試験の筆記テストは主に基礎能力、適性試験、外国語試験(択一式・ヒアリング式)に分かれます。仕事の場が国際的なシーンが多いことから語学力が求められることが試験内容から分かります。当然、試験の受ける学生の多くは語学力が堪能の方が多いので、英語が苦手な方は早い段階で対策しておくことをおすすめします。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

平成24年度の最終倍率は18.2倍です。面接倍率に関してもそれに伴った競争率になることが予想されます。難易度は国家公務員試験全体を見て「やや高い」でしょう。

 

面接対策は予備校か独学

 

公務員試験でライバルに差をつける場面というのが面接になります。人と同じことをしていても勝ち残るのは難しいでしょう。予備校プラス独学が重要になります。

 

航空管制官予備校の選び方

 

航空管制官専門の講座・コースを設けている予備校はおそらく少ない(あるいは無い?)と思いますが、公務員試験は共通している部分もありますので、相談してみるのもアリだと思います。

 

公務員予備校一覧

 

スポンサードリンク