独学

MENU

独学試験対策

独学の勉強時間

 

公務員試験対策を独学で合格するにはそれなりの覚悟が必要になります。

 

同じ公務員浪人のライバルや現役合格を狙う学生は予備校や通信講座で専門家のノウハウを得て勉強しています。

 

それに独学での勉強で勝つには相当の勉強時間が必要になるでしょう。

 

確かに公務員浪人者で無職やニートなら時間がたくさんありますので、現役合格を狙う学生に比べれば独学向きかもしれません。

 

しかし、独学を公務員予備校や通信講座と比較した時に効率性が悪いのは誰もが分かり切っていることです。

 

勉強時間も予備校や通信講座で勉強している公務員浪人者と比べるとたくさん必要になることを覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

捨て科目は作るな

 

公務員浪人が独学で合格を目指す場合、2度目の公務員試験へのチャレンジになる訳です。

 

当然、公務員試験初心者に比べて内容を知っているし、勉強のポイントも分かっているはずです。

 

不合格になった人でもある程度は頑張って対策したと思います。

 

初めての公務員試験で捨て科目をたくさん作った人は2回目のチャレンジではできる限り捨て科目を作るのを止めましょう。

 

捨て科目を作ることにはメリットもありますが、公務員試験に確実に合格したいのであれば捨て科目を少ないに越したことはありません。

 

現役を合格を狙っていた頃に比べて、勉強時間はたくさんあるはずですので、本当に苦手な科目以外は得点できるように対策しておくことをおすすめします。

 

参考書選びが合格のカギになる

 

独学で公務員試験合格を狙う人にとって一番慎重になるべきことは参考書、テキスト、問題集、過去問などの教材選びです。

 

予備校や通信講座では合格ノウハウが詰まったオリジナルテキストを用意してくれますが、独学では自分で参考書や過去問を決めなくてはいけません。

 

自分に合った教材で無いと勉強効率は下がり、試験に合否に影響を与える可能性は高いです。

 

参考書選びのポイントはできるだけ最新の教材を購入することと、信頼のできる会社が出版している本です。

 

アマゾンなどネットでの購入は種類は豊富で公務員教材を選ぶ環境として最適です。

 

公務員独学参考書へ進む

 

スポンサードリンク