市と県を比較

市役所職員と県庁職員の違い

 

 

はじめに・・・

 

県庁とは県の職員のことです。

 

市役所とは市の職員のことです。 

 

これはしっかり理解しておきましょう。

 

県庁と市役所の仕事の違いは?

 

県庁は市町村を管理しまとめる県全体の監督的存在です。

 

仕事の内容としても、窓口業務や地域の人と触れ合う機会は少ないです。

 

ニュースや新聞に出るような、スケールの大きい仕事をすることも多いようです。

 

出先機関はそれほど仕事量が多くないところがほとんどだが、本庁は部署によっては超激務です。

 

中には毎日終電帰りで、土、日出勤も当たり前なんて部署もあります。

 

市役所は市民の窓口的な仕事がほとんどです。

 

地域の人と触れ合う機会が多いのでコミュニケーションを取るのが好きな人は市役所向きだと思います!

 

仕事は中核市や政令都市はスケールの大きい仕事に携える可能性はありますが、県庁と比べると劣るでしょう。

 

全体的にのんびりな職場が多いようです。

 

 

以上「市役所職員と県庁職員の違い」でした!

 

 

スポンサードリンク