裁判所事務官メリット

裁判所事務官の魅力

 

 

23年度試験では倍率が30倍以上の超難関試験として知られていた裁判所事務官三種

 

採用後の待遇も他の公務員を1つ頭が出るほど恵まれた環境。

 

そんな裁判所事務官三種から名称を裁判所事務官一般職に改めらた24年度試験。

 

倍率はまさかの10倍未満。高確率で裁判所事務官というプラチナチケットを多くの人が手に入れました。

 

ある程度経験年数を積んで試験を突破すると書記官になることも可能で、さらには昇進は大卒と高卒に差はほとんどなく、高卒でも裁判所判事になることさえできる。

 

もう一つ裁判所事務官として10年間勤務すると司法書士になる資格が与えらるのだ。これはものすごいことだ。

 

司法書士試験は普通に受験すれば合格率は数パーセントの日本でも指折りの難関試験なのだ。

 

それが一定の期間勤務するだけで得られるなんてなんともお得すぎる。

 

高卒裁判所事務官はおいしい職業なのだ。

 

 

 

以上「裁判所事務官の魅力」でした!

 

スポンサードリンク