公務員の年収

初級公務員平均年収

 

 

皆さんが正直のところ一番シビアになるのは、初級公務員の平均年収ではないでしょうか?

 

例えば地方公務員の場合、自治体によって給与表や昇給、地域手当など他にもいろいろ異なります。

 

東京都都庁では地域手当が18%、おとなりの千葉県庁では地域手当が7%です。

 

実に倍以上差があるのです。

 

そのため、上は年収800万円台から下は400万円台と様々です。

 

最近だと東日本大震災の影響で震災にあった被災地自治体の年収が一時的に上がっています。

 

ざっとで言うと公務員(行政)の平均年収は650万円程度ではないでしょうか?(平均年齢40歳で考えると)

 

と考えると初級公務員の平均年収は600万弱くらいと言えるでしょう。

 

*初級の公安系公務員は大卒の行政職のエリートより高い年収な人が多いです。

 

よく大卒公務員と比べたら初級公務員の給料は少ないんじゃないかといいますが、

 

もちろん多少変わりますが、私が働いていた自治体では同じ年齢で考えると月給にして5,000円程度でした。

 

基本的に公務員の給与は学歴によって差はさほど出ない、平等主義なところがあります。

 

そのため最近では初級公務員は勝ち組では?と言わています。

 

 

以上「初級公務員年収」でした!

 

 

スポンサードリンク