高卒公務員

高卒で目指せる公務員

 

 

試験の採用条件によっては高卒では受けることのできない職種や、大学や短大、専門学校に行かないと取れない資格を取得していることが条件の場合もあります。

 

高卒で公務員を目指すとなるといろいろと制限されてしまう部分も多々あります。

 

例えば保育士や看護師といった職は大学や短大に行って必修の授業を受けて資格を取らないとなれません。

 

他にも自治体によって大卒でしか採用していない場合などなりたくてもなれないケースもあります。

 

 

公務員の高卒程度とは

 

警察官高卒程度などいった表記がありますが、高卒程度とはいったい何を指すのでしょうか?と疑問に持つ人も多いようです。

 

高卒程度とは試験のレベルのことを指します。たとえ中卒でも試験の条件(年齢等)によっては受けることも可能です。

 

また場合によっては高卒でも地方上級や国家公務員(大卒程度)にチャレンジすることは可能です。

 

かなり難しい試験になることが予想されますが、試験の条件さえ満たしていれば合格の可能性はあります。

 

基本的に試験を受ける条件に○○程度と書かれている場合は、学歴に関係せず受験できるケースが多いです。

 

そのため高卒程度と書かれている場合は、高校中退しても公務員試験を受験することが可能です。

 

もちろん本人の努力次第で合格できる可能性もありますので安心して受験してください。

 

採用パンフレットやホームページを見てもわからないようでしたら、自治体などの採用を担当している部署に問い合わせてみるといいでしょう。

 

 

スポンサードリンク

 

注意事項

高卒で目指せる公務員で紹介されている、「採用までの流れ」、「受験資格」、「倍率」、「試験内容」、「試験日程」では自治体によって多少誤差があり、内容を保証するものではありません。

 

また各職業ごとに作成しているレーダーチャート(5段階)で評価している「難易度」、「年収」、「仕事量」、「世間体」、「モテ度」、「やりがい」については個人的判断で作成しているものですので、正確なデータではないことをご了承ください。

 

ここで紹介しているものはすべて「初級」「高卒」「V類」程度を前提として解説しています。

 

高卒で目指せる高卒公務員記事一覧

 

地方公務員の資格地方公務員になるには都道府県の職員や市町村区の職員になる必要があります。また最近では県職員が市に出向したり、市職員が県に出向することで交流を深めることも多くなってきています。都道府県の職員の種類は知事部局や公営委員会で活動する行政職や土木などの技術職をはじめ、警察官、警察事務、学校事務(高等学校)・・・都道府県立の高等学校の教員も県職員の身分となりますが、教員免許を取得して大学を卒...

 
 

地方公務員と民間企業数ある職業の中から地方公務員を選んだ理由は本当に様々だと思います。学歴も中卒、高卒、短大卒、大卒、院卒に分かれ、公務員試験に挑戦した時期も、新卒、既卒、フリーター、無職、転職など立場も様々だと思います。採用試験も、初級、中級、上級と多くの自治体で分かれているはずです。地方公務員の仕事では民間企業と求められる、能力、性格、個性などが異なります。地方公務員は民間企業のように利益を追...

 
 

国家公務員の資格国家公務員になるには高卒程度の国家公務員試験に合格する必要があります。国家公務員の代表的試験とも言われる、国家公務員(一般職)の試験では「北海道地区」、「東北地区」、「関東地区」、「東海地区」、「近畿地区」、「中国地区」、「四国地区」、「九州地区」、「沖縄地区」の9つのブロックに分かれて試験が実施されます。そのため各地区によって採用人数や難易度が異なることが言えるでしょう。国家公務...

 
 

国家公務員一般職仕事内容・・・各省庁によって異なりますが共通する仕事としては、文書、収入、支出、調査、企画、調査、給与、共済、福利厚生・・・などとなります。一般職の仕事は基本的には縁の下力持ち的な仕事が多いようです。やはり国家公務員としての花形ポジションには総合職のエリートが担当することが多く、メディアやマスコミに取り上げられるのも95%くらいが総合職の職員になります。目立ちたがり屋にはちょっと向...