初級公務員合格難易度

初級公務員試験受かりやすいのは?

 

 

兎に角公務員になりたい!そんな人は公安系がねらい目。

 

なぜかというと単純に倍率が低いケースが多いからです。例えば警察官なども採用数に対して受験者数が少ないのです。

 

しかしいくらねらい目と言っても、今まで全く運動をしてこなかった人は注意が必要です。

 

それは公安系公務員は体力試験があるからです。

 

体力試験で全てが決まる訳ではないですが、運動能力にまったくの自信がない人は正直言うと、試験を突破するのは厳しいです。

 

それでも、公安系の公務員になりたい人もいるだろうと思います。

 

対策としては、すごく単純ですが、自分の受ける試験の過去の体力試験の内容を把握し、その種目に絞ってひたすらトレーニングを積むしかないのです。

 

ちなみに試験に必要な体力はアスリートほどの体力は必要ではなく、あくまで仕事をこなせる範囲なので、努力次第でなんとかなると思います。

 

ちなみに試験内容の例として、高校の体育の体力テストと似たような感じで、握力、反復横跳び、垂直跳び、などが多く、

 

警察官は腕立て伏せ消防官は長距離走を実施するケースが多いです。

 

公安系の公務員を目指す人で体力に自信がない人は最低3ヶ月前から鍛えておくことをおススメします。

 

実は刑務官なども国家公務員であり、試験難関度は意外と低いのです。レベルでいうと警察官より若干難しいくらいです。

 

刑務官の離職率は他の公務員に比べると高く、精神的強さが必要になる職種です。ある程度の覚悟は必要ですが、隠れたねらい目公務員の1つと言えるでしょう。

 

 

以上「初級公務員試験で受かりやすいのは?」でした!

 

 

スポンサードリンク