自衛官試験

自衛官の難関度

 

 

よく自衛官の難関度が低いと言わていますが、これは公務員試験の中での話です。

 

むしろ、高卒自衛官は全体大的就職で考えると、難しいほうだと思います。

 

高卒自衛官は自衛官候補生と一般曽候補生に分かれ、

 

待遇や昇進を考えると一般曽候補生を目指したいところです。

 

難関度も自衛官候補生と一般曽候補生を比べると、

 

一般曽候補生のほうが若干高いと言えるでしょう。

 

自衛官の倍率は毎年大体3倍程度で体力試験もあります。

 

自衛官は簡単だと言われていますが、倍率を考えると3人に1人落ちる試験であり、甘い考えは捨てるべきです。

 

高卒自衛官の社会的地位は高く国家公務員(公安職)の地位が与えられます。

 

さらに自衛官の年収も国家公務員(公安職)として行政職よりも高く設定されています。

 

もう一つ自衛官の昇進は実力がものを言うので平等として知られています。

 

体力自慢の高校生は自衛官に注目です。

 

 

以上「自衛官の難関度」でした!

 

スポンサードリンク