体力試験・検査

公務員体力試験

 

 

公務員試験は勉強ができるだけでは突破できないこともあります。

 

それは警察官など公安系の公務員試験には必ずと言っていいほど体力試験があるからです。

 

最近では市町村の試験に体力試験を加えている自治体も増えているようです。

 

体力試験の項目をある程度知っておきましょう。

 

・腕立て伏せ

 

・バービー

 

・上体起こし

 

・反復横跳び

 

・握力

 

・持久走

 

・立ち幅跳び

 

・鉄棒のぶら下がり持久力

 

以上が主要種目になります。消防などは自治体によって試験内容が変わってきますが、

 

おおよそはどの自治体でも変わりありません。試験によっては回数を満たさないことでその時点で不合格になる可能性もあります。

 

 

スポンサードリンク