公務員技術職

技術職仕事内容

 

技術職の仕事の特徴は現場で働くことが多いことです。管理職になると現場に行くことは少なくなりますが、

 

若いうちはほとんどの人が現場で仕事することになります。

 

また配属の範囲も限定されます。事務職では予想できない幅広い異動となりますが、

 

技術職の場合は専門分野に関係する部署以外に異動になることは一般的にありません。

 

事務職は幅広い視野が必要なためゼネラリストに育成されますが、

 

技術職の場合は自分の専門を極めるという意味で分野のスペシャリストを目指すことを求められます。

 

私は公務員時代には元行政職員でしたが、意外と技術職の方と仕事上での接点がありました。

 

そこで感じたことは技術職の職員も高いコミュニケーションと企画立案能力が必要だと言うことです。

 

特に管理職になると事務系の仕事をこなすことが多くなるので、若いうちから幅広い視野を養う必要性があると感じています。

 

公務員の技術職の仕事内容が世間にあまり知られていないので、今回技術職の仕事内容を紹介していきます。

 

技術職の主要職となる、「土木職」、「建築職」、「電気職」、「機械職」、「農業職」に絞りましたので続きをご覧ください!

 

スポンサードリンク

 

技術職仕事内容記事一覧