労働基準監督官のスクール講座

労働基準監督官筆記・面接対策

 

労働基準監督官の対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分でスクールの面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

労働基準監督官試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じスクールである必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

労働基準監督官の採用区分

 

竹内結子さん主演の2013年秋ドラマ日テレ系ドラマ「ダンリン労働基準監督官」で知名度をすっかり挙げましたね。今後、労働基準監督官のやりがいを感じて、受験者が増える可能性も考えられますね。

 

試験区分は法律系のA、理系のBに分かれて実施されています。

 

教養試験・専門試験

 

筆記テストは基礎能力(旧教養試験)と専門試験(択一式・記述式)に分かれます。難関と呼ばれる老鶯基準監督官の専門試験の科目は労働法、労働事情、労働経済・社会保障など働く方を守るために必要な専門知識が多く出題されます。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

A区分・B区分共に毎年高倍率の試験になっています。平成24年度の最終倍率はA区分57.5倍、B区分33.0倍です。面接試験も最終倍率に見合った競争率になります。

 

面接対策はスクールか独学

 

倍率・難易度を考えると独学で一発合格を目指すのは効率的ではないと思います。第一志望先が労働基準監督官であれば最善策を尽くすべきではないでしょうか?個人的には予備校・通信講座がおすすめです。

 

労働基準監督官スクールの選び方

 

当サイトが検証したところTAC労働基準監督官コースがおすすめです。信頼性が厚く・評判の良いです。その他の予備校情報は下記のリンクから見ることができます。

 

その他労働基準監督官講座を扱っているスクール一覧

 

公務員予備校一覧

 

スポンサードリンク