航空保安大学校のスクール講座

航空保安大学校面接対策

 

航空保安大学校の面接対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分で予備校の面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

航空保安大学校試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じ予備校である必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

航空保安大学校の採用区分

 

航空保安大学学生試験の試験区分は航空情報科と航空電子科に分かれます。

 

対象学歴は高卒程度になります。受験資格は高等学校又は中等教育を卒業して2年を経過していない者です。

 

教養試験・学科試験

 

航空保安大学校の筆記テストは基礎能力試験と学科試験に大きく分かれます。

 

基礎能力試験では知能分野と知識分野に分かれ、知能問題ではクイズ形式の問題も出題されるユニークな試験内容になっています。

 

一方知識分野では国語、英語、政治、経済など高校の授業で習う内容が中心になります。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

平成24年度試験の航空情報科の倍率は6.0倍、航空電子科の倍率は4.1倍になります。

 

面接試験の倍率は一般の公務員試験に比べて低いことが予想されます。

 

しかし、受験生のレベルは高く、高卒程度の公務員試験の中でも難易度は高いです。

 

面接対策は予備校か独学

 

航空保安大学校の面接試験の対策方法は予備校か独学の2通りあります。

 

筆記試験に向けての勉強は頑張る人が多いのに、なぜか面接対策を怠る人が多い航空保安大学校の試験ですが、半端な気持ちで合格できるほど甘くは有りません。

 

むしろ筆記試験以上に真剣に取り組むべきなのです。最終的な合否を分けるのは面接です。

 

できる限りの努力をしないと後々後悔することになるでしょう。そう考えると予備校で専門講師に指導してもらった方が効率は良いと思います。

 

航空保安大学校予備校の選び方

 

面接対策のサポート体制は予備校によって異なります。

 

各予備校の講座内容を比較して選びことをおすすめします。

 

 

 

公務員予備校一覧

 

スポンサードリンク