防衛省職員のスクール講座

防衛省の面接対策

 

防衛省専門職員の面接対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分で予備校の面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

防衛省職員試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じ予備校である必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

防衛省職員の採用区分

 

防衛省専門職になるには語学(英語、朝鮮語、)、国際関係(英語、中国語、朝鮮語)の試験区分に合格する必要があります。毎年全ての採用区分で試験が実施されるか分からないので、随時採用ホームページで確認することをおすすめします。特に朝鮮語区分は毎年募集人数が少ないので注意が必要です。

 

教養試験・専門試験

 

防衛省の筆記試験は主に基礎能力試験、専門試験(採用区分によって内容が異なる)で、論文試験が毎年実施されています。基礎能力試験では文章理解、数的推理、自然科学、社会科学などから出題され、専門試験ではロシア語、中国語、朝鮮語の和訳や文法、英文の解釈などが出題されます。さらに国際関係では安全保障、外交、国際政治、国際法、国際経済学などから難問が出題される傾向があります。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

平成24年度試験の最終倍率は語学(英語)5.1倍、語学(朝鮮語)3.4倍、国際関係(英語)9.7倍、国際関係(朝鮮語)3.8倍、国際関係(中国語)6.8倍になっています。おおよそ面接試験の倍率は2〜3倍程度と予想されます。難易度はそれほど高くはないはずです。

 

面接対策は予備校か独学

 

防衛省の面接試験を予備校か?独学か?臨むべきか?と聞かれれば予備校でしょう。やはり公務員試験の専門家に指導を受けることができるメリットは大きいですよ。1人又は公務員試験の素人に教えてもらうのとは効率が違いますからね。

 

防衛省職員予備校の選び方

 

公務員スクールを選ぶポイントは幅広い視野で講座内容を見てみることです。1つの予備校に捉われる必要性はありません。複数の公務員講座を比較して選ぶことをおすすめします。

 

 

 

公務員予備校一覧

 

 

スポンサードリンク