京都府庁のスクール講座

京都府庁筆記・面接対策

 

京都府庁の対策講座の予備校(スクール)選びは重要です。

 

評判、おすすめ、口コミ、合格実績など他人の意見では無く、自分でスクールの面接対策講座の内容を直接見て選ぶことが大切です。

 

京都府庁試験は人物重視の傾向がありますので、面接対策によって合格するか、不合格になるか決まる可能性は十分にあります。

 

主な予備校(スクール)の種類はTAC、ユーキャン、LEC、大原、クレアール、ヒューマンアカデミー、伊藤塾、大栄教育システム、アビバなどがあります。

 

1次試験対策、2次試験対策共に同じスクールである必要はありません。自分に合わないと思えば講座場所を変えるべきです。

 

京都府庁の採用区分

 

京都と言えば日本の文化が詰まった町並みになっています。清水寺、金閣寺、銀閣寺、三十三間堂、千二百羅漢などの数々の名所が多く、京都ファンの方は日本中に大勢します。そのため府外の受験者も結構いるのだとか。24年度試験の試験区分は下記の通りです。

 

上級(大卒):行政、土木、福祉、獣医師、薬剤師、放射化学、建築、化学、農業、農業土木、環境、水産、林業など。
初級(高卒):事務、畜産、学校事務A・B、警察事務A・B

 

教養試験・専門試験

 

京都府庁の一次試験は事務系では教養試験が中心に。技術職・免許資格試験では専門試験(択一式)が中心になります。

 

過去の面接試験倍率と難易度

 

職種によって過去の最終倍率・面接倍率はバラバラですが、技術職の倍率が他の都道府県庁に比べて低いよう感触を持ちました。事務系は一般的な難易度ととらえて良さそうです。但し上級試験になると京都大学出身者の学生の受験が考えられるので、倍率以上に難しい試験になることが考えられます。

 

面接対策はスクールか独学

 

予備校がおすすめですが、独学では合格できない訳ではありません。自分にとってどちらが合格に近づくかを考えて選択すれば良いと思います。

 

京都府庁スクールの選び方

 

大卒程度の上級試験であればTAC公務員講座、高卒程度であればアビバ・東京アカデミーが当サイトの分析結果によるとおすすめです。他の公務員スクールは下記の「公務員予備校一覧」から情報を見ることができます。

 

公務員予備校一覧

 

 

スポンサードリンク